mika37 blog

HAPPY LIFE 日々の中で感じた事を書いていきます。 ライブが素敵な三浦大知君のライブの感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

folderとの出会い

ブログを始めました。どこまで続くか分かりませんが。。


folderの時から好きな三浦大知君について、書かせていただきます。


私が三浦大地というアーティストを知ったのはfolderの「パラシューター」でした。


それまでの自分ですが、学生の時からずっと音楽の仕事がしたくて、


社会人になってからはプロダクションで勤務して、


その後にレコード会社で営業(内勤の)をしていました。


子供の時からずっと好きだった絵を学校でやりたかったので、


昼間働きつつ、夜間でアートスクールに通ってもいました。


そんな時に「パラシューター」と出会ったのです。


アートスクールの先輩がやっているクラブイベントで初めて耳にしたのか、


TVで観たのか、どっちが先だったのか、ほとんど同時だったかな。


初めて「パラシューター」を耳にした時、ものすごい衝撃でした。


すごい・・!!何だこれー!驚きが・・。


そして、誰が曲を作ってるのか、、おおーー!!と驚き続けていたのです。


好きっていうのを通り越して、ものすごい衝撃でした。


そして、子供なんだけど、子供が上手くて凄いっていうのよりも、


アーティストとして、表現者として、ものすごい輝いていて、


歌とダンスが大好きっていう情熱がはじけ出ていて、魅了されました。


魅了というかハマったのです。


子供じゃんって言われたら、そうなんだけど、小さかったけど


立派なアーティストでした。


大知君にいたっては、本当にもうパワーに溢れていて圧巻もの。


大ファンです!


「マイケルジャクソンみたいになりたい」と言っていた姿がとても


印象的で、昨年のMTVの代々木の時にマイケルが来ると知って、


朝から「どうか大知君が、マイケルに少しでも遭遇できますように」


と祈ってました。


私にとって大知君は子供だけど、尊敬するに値するぐらいの


大好きなアーティストだったのです。(今も変わらず、大好きで尊敬しています)


先輩のクラブイベントに行くと、1曲だけ日本のアーティストの曲がかかって、


それがfolderでした。


フロアーに大知君の歌声が広がって、皆が気持ちよく酔いしれる、


そんな素敵な時間がたくさんあって。


当時、folderのレコードがいろんなクラブでかかりまくっていて、


レコードもプレミアがついて買えない・・そんな状況でした。


HMVでレコードがやっと予約できるところがあって、予約したり。


会社でも、会社のCD以外にfolderを聴いていて。


当時は今みたいにネットが普及してなかったから、大知君が休業したのも


休業という言葉の認識までいきたらず、folderがなくなったというような


認識にしかなってなくて、休業と分かってれば、もう少し復活という


言葉を実現性を感じて待っていられたのかな。。


アートスクールの友達も皆、folderを知っていて、大知君の声を聴いていて。


同級生の友達が、デッサンの授業の休憩時間に


「folderのアルバムいいんだよね」と言ってきて。私もすごい聴いてるよと


盛り上がって。


新しいCDが出るたびに「今度の聴いた~?」ってやっていました。


そして、大知君が休業した時に


「大知君のライブがいつかあったら、絶対行こうね!」って、


約束したのです。大知君がまた出てきてくれるとはその時に


分かっていなかったけど、約束してたんです。


なので、その約束をした友達から電話で


「大知君が復活するって!ライブ行くよね?行くよ!!」と


聴いた時は舞い上がりました。


生きてるといい事あるなって、本当に思った瞬間です。


そしてライブに行って、また衝撃的に感動したのです。


待ってて良かった。


 

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mika37.blog86.fc2.com/tb.php/1-e721a77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。